お電話でご用命ください!
025-201-7441

衛生管理マニュアル

ジーミストを使った衛生管理マニュアル

ジーミストは今までの次亜塩素酸水と比べて、不純物としてのナトリウムが限りなくゼロに近いから錆びが出にくく、
今まで使えなかった機械類での使用が可能になりました。
※完全に錆びないわけではなく、水道水に近いレベル

ジーミストおしぼりと普通のおしぼりでの消臭効果

実験内容:「ジーミストを(50ppm)浸したおしぼり」と「普通のおしぼり」に
それぞれアンモニア水を3滴垂らした物を袋に入れ、時間経過で消臭効果を実験しました。

ジーミストおしぼりと普通のおしぼりでの消臭効果

実 験 結 果
以上の結果により、普通のおしぼりには消臭効果は見られず、ジーミストのおしぼりは、高い消臭効果が確認された。

ご使用用途にあったロールをお選びください
ご使用用途にあったロールをお選びください
ご使用用途にあったロールをお選びください
ご使用用途にあったロールをお選びください

インフルエンザや食中毒を防ぐためにも手洗い
は一番簡単にできる最大の予防法になります。

オート手指除菌ディスペンサー

手洗いは一番簡単にできる最大の予防法です。

交差感染を起こさないためにも、手指除菌ディスペンサーは各所に配置しておきたいものです。うれしいオート機能で交差感染の心配も軽減!今まであった「できれば触りたくない」といった不満も解消できます。電池式で場所を選ばず、置き型、壁付けどちらでもOKです。
※壁付けの場合はネジを使用します(壁の素材によっては取り付けできない場合もあります)


ジーミストを使った、正しい手指の洗浄方法

ジーミストを使った、正しい手指の洗浄方法

1. 指輪や腕時計を外す
2. 手や腕を水で濡らす
3. 石けんをつける
4. 肘の下までまんべんなく洗う
5. 手の細かい部分を洗う
6. 水で流す
7. 水滴を拭く
8. ジーミストで肘の下まで除菌

ジーミストはアルコールと違い、揮発しないので、手指だけじゃなく肘までしっかり除菌できます。


正しい手指の洗浄方法

手指衛生の5つのタイミング

1.患者に触れる前
2.清潔/無菌操作の前
3.体液に曝露された可能性がある場合
4.患者に触れた後
5.患者周辺の物品に触れた後

業務の形態や道線を考慮した上で、適切なタイミングで手指除菌ができるように、必要な場所に設置することはもちろん、スプレー容器などにジーミストを詰めて持ち歩くことも手指除菌の遵守率向上につながると考えられます。


便座除菌水ディスペンサー

ジーミストは界面活性剤不使用でトイレにながしても環境に影響を与えることはありません。

トイレを快適に使用するためには便座の除菌は欠かせません。ジーミストをトイレットペーパーに含ませ、拭き取った後、ペーパーはそのままトイレに流せます。
※ジーミストは界面活性剤不使用でトイレにながしても環境に影響を与えることはありません。

【設置場所】 トイレ
【使用用途】 トイレの便座除菌、トイレ周りの除菌


ジーミスト スプレーボトル(30ml、300ml)

持ち運び便利なボトルタイプ

持ち運び便利なボトルタイプ

除菌スプレーとして使うのはもちろんですが、ホテル室内の消臭剤、焼き肉・焼き鳥店など煙の出る飲食店での消臭剤としてオススメです。

ジーミストと市販の除菌・消臭スプレーの消臭実験
実験内容:乾いたおしぼりにアンモニア水を3滴しみ込ませたものを袋に入れ、各スプレーを3回吹きかけ、臭気センサーで計測。(臭気センサーで計測できる最大値は992まで)

ジーミストと市販の除菌・消臭スプレーの消臭実験

実 験 結 果
以上の結果より、A社、B社の除菌消臭剤はニオイの残らないタイプという表示があったが、化学物質・香料が入っておりニオイでごまかしているだけなのに対し、ジーミストはスプレー後素早く反応し、悪臭を確実に消臭していることがわかる。

ジーミスト使用目安マニュアル(スプレーボトル想定)
使用する場所 スプレー回数 使用方法 使用濃度
トイレまわり 6 〜 10回 1.汚れなどを除去し壁に直接スプレーする
2.乾いたダスターで拭き取る
感染源となる為、多めにスプレーしてください
50ppm
100ppm
(特殊消臭時)
ドアノブ
スイッチ等
2 〜 3回 1.乾いたダスターで拭き取る
2.お客様も触れる高接触部分はスプレーし、自然乾燥させる
50ppm
カーテン 適度に※ 1.適度にスプレーし、自然乾燥させる
2.ニオイがこもった場合等は表面が湿るくらいスプレーし自然乾燥させる
50ppm
ベッドまわり 適度に※ 1.布地には適度にスプレー自然乾燥させる
2.布地以外の場合は乾いたダスターにスプレーし拭き取る
50ppm
手すり 2 〜 3回 1.乾いたダスターで拭き取る 50ppm
お風呂まわり 6 〜 10回 1.汚れなどを除去し直接スプレーする
2.乾いたダスターで拭き取る
100ppm
適度に 1.汚れなどを除去し直接スプレーし自然乾燥させる 100ppm
床(タイル等) 適度に 1.嘔吐物などを除去し直接スプレーする
2.乾いたダスターやモップで拭き取る
感染源となる為、多めにスプレーしてください
100ppm(清掃時)
200ppm(嘔吐物)
床(カーペット等) 適度に※ 1.嘔吐物などを除去し直接スプレーする
2.乾いたダスターやモップで拭き取る
感染源となる為、多めにスプレーしてください
100ppm(清掃時)
200ppm(嘔吐物)
棚・什器 6 〜 8回 1.乾いたダスターで拭き取る 50ppm
車いす 6 〜 8回 1.乾いたダスターで拭き取る
2.汚れがある場合は乾いたダスターやスポンジで拭き取る
50ppm
介護器具、厨房器具 4 〜 6回 1.乾いたダスターで拭き取る 50ppm
上履き・スリッパ 4 〜 6回 1.直接スプレーする
2.乾いたダスターで拭き取る
50ppm
下駄箱 6 〜 10回 1.全体にまんべんなくスプレーする
2.乾いたダスターで拭き取る
50ppm
空間のニオイ 適度に 1.室内にまんべんなくスプレーし衛生・ニオイ対策
(超音波式噴霧器に入れると持続的に同様な効果が得られます)
50ppm
100 〜 200ppm
(特殊消臭時)
テーブル・椅子 6 〜 8回 1.汚れなどを除去し直接スプレーする
2.乾いたダスターで拭き取る
50ppm
パソコン・電話
FAXなどの機器
2 〜 5回 1.乾いたダスターで拭き取る 50ppm
汚物入れ 6 〜 10回 1.処理後毎にスプレーする 100ppm
衣類、布製品 6 〜 8回 1.直接スプレーし自然乾燥させる 50ppm
ロッカールーム 6 〜 8回 1.汚れなどを除去し直接」スプレーする
2.乾いたダスターで拭き取る
50ppm

※スプレー回数はあくまでも目安です。状況に応じて行ってください。

PAGE TOP